工業会概要

工業会の組織

日本GRC工業会は、日本唯一のGRC関連会社の集まりです。

  • 所在地
    〒111-0036
    東京都台東区松が谷1-3-5 JPR上野イーストビル8階 旭ビルウォール株式会社内 [地図はこちら]
  • 設立1988年6月1日
    導入技術系、国産技術系の2系列の団体が設立され、それぞれ不燃材料の通則認定を取得して活動していましたが、GRC産業の健全なる発展を目指して、1988年に両団体が合同統一して「日本GRC工業会」が設立され、現在に至っております。
  • 会員 日本国内の法人で構成されていて、維持会員、正会員、賛助会員に分かれます。

    2019年4月1日現在
    維持会員 2社
    正会員 16社
    賛助会員 6社
    合計 24社

組織図

役員

    • 理事
    • 会長
    • 櫻井 正幸 <旭ビルウォール(株) 代表取締役社長>
    • 副会長
    • 早川 衛冶 <日本電気硝子(株)>
    • 監事
    • 安川 祐司 <旭ビルウォール(株)>
    • 山口豪一 <日本電気硝子(株)>
    • 顧問
    • 鈴見 健夫 <旭ビルウォール(株)>
    • 運営委員
    • 委員長
    • 栢野 尚之 <旭ビルウォール(株)>
    • 副委員長
    • 竹内 好雄 <日本電気硝子(株)>
    • 山下 敏郎 <旭ビルウォール(株)>
    • 藤田 直明 <旭ビルウォール(株)>
    • 福田 康昭 <太平洋セメント(株)>
    • 小原  登 <(株)ニチアスセムクリート>
    • 寺浦 英男 <日本電気硝子(株)>
    • 事務局
    • 事務局長
    • 菊谷 憲一郎 <旭ビルウォール(株)>

所属団体

防火材料等関係団体協議会に所属しています。
建築基準法改正前の通則的認定管理団体の協議会でしたが、改正後も防耐火規定に係る協議会として活動しています。

工業会の概要

日本GRC工業会は、基本理念に基づいて、GRC産業の発展を進めています。

基本理念

  1. GRCの基礎研究、応用技術研究、商品開発、市場開拓等の進歩を促して、会員の事業発展を図る。
  2. 建築用、土木用、産業用等広い範囲を指向対象とする。
  3. 技術的、事業的成果の社会への還元、ならびに社会との調和を重視する。
  4. 会員相互のみならず官・学・産との連携、国際的な交流を進めて、我が国産業の発展に寄与する。

事業内容

日本GRC工業会はその基本理念に基づき、GRCの研究開発、市場開拓の進歩を促して、会員の事業発展を図っています。更にその成果の社会への還元を重視して、我が国産業の発展に寄与するよう活動を続けています。

1.認定防火材料の維持・管理

GRCは不燃材料として、国土交通大臣の認定(NM-8313)を連名で受けています。

2.GRCの標準化、商品・技術開発の推進

GRCの試験方法や設計法の標準化を進めています。また、新しい技術や商品の開発を推進しています。

3.国家プロジェクトへの参画

官・学・産の連携による国家プロジェクトに、積極的に参画しています。

4.国際的な技術交流

GRCA(世界的な英国のGRC業界団体)国際会議への参加、海外視察団の受入など、国際的な技術交流活動を行っています。

5.GRCの普及および広報活動

会員の情報交換ならびにGRCのPRのため、イベントの開催、機関誌GRCレビューの発刊を行っています。